捨ててしまうならハンドメイドリメイクで売ろう

衣装ケースの中に着なくなってしまった浴衣は眠っていませんか?大昔に一度着たきりの浴衣はお譲り先に恵まれなかったとき、その処分方法に困ってしまいますよね。

途方に暮れて残念ながら捨ててしまうという方も少なくないのではないでしょうか。

しかし、せっかく縁があって出会った浴衣をただ何もせずに手放してしまうのは惜しいと思いませんか。

捨ててしまうのであれば、自分の手で様々なアイテムにハンドメイドリメイクして素敵に生まれ変わらせてから、新たな持ち主に譲ってあげましょう。

生まれ変わる

新しく生まれ変わった浴衣は、着ていたときとはまた違った顔を見せてくれるはず。

思い出の品はもう一度、命を吹き込まれることで、別の持ち主の手元でかつての輝きを取り戻すのです。

ハンドメイドのフリーマーケット「minne」

では、浴衣をハンドメイドリメイクして作ったアイテムはどこで売ればいいのでしょう。

ミンネ

様々なフリーマーケットのサイトが存在しますが、オススメはハンドメイド作品専用のフリーマーケット「minne」です。

minnneはハンドメイドで作られたアイテムを商品ではなく作品として扱っている、全国各地の作家さんと作品を購入したい人をつなげる暖かいサービスです。

アイテムを単なる商品ではなく作品として扱う人々が集まるサービスだからこそ、自分の作品も安心して出品することができますね。

minnneで作品を販売する方法はとても簡単。

作品を作成したらまずはminnneに会員登録をしましょう。

次に、会員専用のマイページに自分の売りたい作品の写真を登録します。

作品名や作品説明など必要事項を登録したら、あとは作品を気に入ってくれる人を待つだけ。

作品が売れたら受注完了メールが届くのでマイページにログインし、購入者の名前や配送先等を確認して商品の発送を行います。

購入や販売に掛かるお金のやりとりはminneが仲介するため、複雑な処理や面倒事もありません。

作品を気に入ってくれた人からフォローをされたり、感想やお礼のレビューが届くこともあります。

モチベーションのアップにもつながりますし、何よりモノを大事にする気持ちがあふれる素敵なサービスですよね。

浴衣のリメイク術

実は浴衣は一枚の布を切って縫い合わせて作られているものです。

そのため、すべてほどいてしまえば一枚の大きな布となり、いろいろなものが作れます。

布

それでは、浴衣は一体どのような素敵なアイテムにリメイクできるのでしょうか。

浴衣リメイクのバリエーションは豊富にあります。

その中でも定番のものと意外なものをいくつかご紹介したいと思います。

定番のリメイクといえばやはりワンピースやスカート、ブラウス、エプロンなど浴衣を衣服にリメイクする方法です。

浴衣の涼し気な柄や生地は夏用の衣服に最適です。

ワンピースやブラウスだけでなく、ステテコパンツやパジャマのようなちょっと変わったものも最近は人気ですね。

その他、のれんや座布団カバー、クッションカバー、枕カバーなどインテリアや雑貨へのリメイクも可能です。

浴衣は日本の生活に寄り添った着物なので、さりげなくインテリアに取り入れることで違和感のないお洒落が楽しめます。

意外なリメイク方法としては日傘や手提げバック、アクセサリーなどがあります。

アイデア次第でもっとたくさんのリメイク術も思いつきそうですね。

和柄のアイテムは持っているだけで注目度上昇間違いなし。

派手すぎない上品な美しさを残したまま、浴衣は様々なアイテムに変身するのです。