浴衣の歴史

浴衣の歴史は、平安時代の湯帷子に始まります。

湯帷子
帷子とは麻の着物のことであり、当時の貴族の中で蒸し風呂が流行していて、その時に着用する着物に利用されていました。

安土桃山時代に入ると、風通しも良くて吸汗性や吸水性に優れている着物という点から、湯上りに着用する着物として利用されるようになり、江戸時代に入ると庶民にも利用されるようになりました。

とくに、江戸時代の後期に入ると銭湯文化が広がって、庶民でも銭湯に行くようになったことから多くの人に着られるようになりました。

日本人が着用する服が着物から洋服に変わった現代でも、夏祭りや花火大会など夏の着物として利用されており、着物の中でもリーズナブルなこともあって気軽に着られるようになりました。

浴衣の名称と豆知識

浴衣には、洋服と違った各部位の名称があります。

知らなくても問題はないものの、着付けを行うとなるとどの部位のことを言っているのか分からないこともあるので、いくつかの部位の名称を知っておくことで役立てることができます。

女性用や子供用となると、脇部分が開いているというのが浴衣の特徴です。

子供用
着付けの時に下の布がうまく折りたためていなかったりシワになっているのをなおすにも、脇の下の身八つ口が開いていることで手を入れて修正することができるので、脱ぎなおさなくても便利に美しく着ることができます。

また、着付けの際には袖を通してから左右の前の布を重ねることになりますが、浴衣は左側が上になるように着付けることになります。

この左側を上前と呼ばれ、逆に右側は下前と呼ばれています。

下前を体に巻き付けてから上前を重ねるようにして着るのですが、その際には着丈の調整をしなければなりません。

浴衣は、ある程度の身長の人に対応できるように長さ調整ができる服でもあります。

自分の身長に合わせて裾の位置を決めて持ち上げ、余った布はウエストでおはしょりとして残すことになります。

おはしょりは、帯の下にちらっと出るようにして着付けるのが正しい方法となり、おはしょりを整える時にも身八つ口が活躍することになります。

浴衣の着付けに必要なもの

浴衣は、一般的な着物に比べてみると着付けをするのに用意するものは少ないのでとても手軽です。

まずは、浴衣の下に下着を着用することになりますが、女性であればいつも身に着けているブラジャーは外すことになります。

洋服になると、バストが出ていてウエストはくびれているというのが女性らしさを演出できる体型ともなりますが、浴衣となると着崩れる原因ともなるためにバストとウエストに差があることは美しいシルエットを作れないことにもなってしまいます。

バストを高く持ち上げる目的のあるブラジャーは外して着物専用の下着を着用すると、きれいに着付けをすることができます。

綿素材なので手頃な価格で販売されており、一つ購入しておけばずっと使うことができて役立つのですが、自分で持っているスリップでも構いません。

浴衣は、帯でウエストを締め付けることによって固定させることになりますが、帯の下にも腰紐で固定しておけば安定感が出ます。

帯

他にも、帯がシワになったり折れてしまうことを避けるためにも、帯板は欠かせません。

お腹にあたる前側にだけ入れることになり、座ったり前かがみになったりと帯がシワになってしまいがちな前側も美しい形をキープし続けることができます。