着物の名称と寸法

一口に着物と云っても、生地や丈、季節柄によって名称が違います。

まずは礼装用の着物です。

礼服

冠婚葬祭や重要な式典の際などに着用するもので、成人式で着る振袖や、結婚式などで着用するものとされている留袖がこれにあたります。

和装で結婚式を挙げる際、新婦は白無垢か礼服と呼ばれる非常に華やかな柄が施された着物を着るので、新婦よりも派手にならないよう気遣うことからこういった区別が生まれました。

そして、同じ着物でも着付け方によって着ていける場所が変わったり、年齢によって推奨されている着こなし方が違ったりします。

そこで覚えておくと役に立つのが「寸法」です。

型山から裾までの丈を身丈、肩幅から袖幅までの寸法を桁と呼びます。

このふたつを意識すると、いろいろな着付けがしやすくなるでしょう。

着物の羽織の種類と合わせ方

近年は浴衣のイメージが強いかもしれませんが、季節にふさわしい生地を選べば通年着用することができます。

しかし、寒さが厳しくなってくるとさすがに着物だけで外出するのは厳しいです。

そこで、洋服でいうところのコートのような上着が着物にも存在します。

最も暖かいのは外套と呼ばれる、ロング丈のマントのような上着です。

主に男性が着るものですが、近年は女性が着ることも許されてきています。

女性はケープのような上半身を包むデザインの上着を羽織ることが多いです。

羽織
ここまでで紹介したものはコートの役割なので、室内に入ったら必ず脱がなければなりませんが、室内でも着ていられるカーディガンのような役割の羽織りも勿論あります。

最もイメージしやすいのは紋付き羽織りではないでしょうか。

フォーマルな場で着用する、その家の家紋があしらわれた羽織りです。

無地羽織りはよりカジュアルに普段着の着物に羽織るものだとされています。

アンティークの羽織りはかわいらしい柄があしらわれているものも多く、現在でもコーディネートのスパイスとして愛されています。

かつては生地や柄で季節感を表すのが粋とされていたため、その名残で着るタイミングや合わせ方を細かく気にされる方もいますが、最近はそこまで厳しく見られることは減ってきているので、気軽に思いついたコーディネートを楽しみましょう。

意外と知らない、家紋解説

家紋
家紋とは、その家のしるしとして紋付きの着物など幅広い用途で使われるハンコのようなものです。

5000種類以上存在すると言われていて、かつては家柄を表すものとして大切にされ、名家の生まれであれば家紋を見せるだけで周りの人が頭を下げる、なんて時代もありました。

誰でも先祖を辿っていけばどこかしらの家紋にあたるはずです。

最近はあまり家柄を気にすることがなくなったため家紋という文化自体が廃れつつありますが、自分のルーツを探るきっかけにもなるので機会があれば調べてみたいものです。

家紋を調べる方法として最もポピュラーなのは苗字を遡っていくことです。

一人っ子だったり、長男が存在しなかったために血が途絶えてしまっている場合もありますが、母方、父方両方調べてみれば大抵どこかに繋がっているでしょう。

もしかしたら、有名な武将が先祖にいるかもしれませんし、直系の先祖に名のある人がいなくても、有名な人につかえていた先祖がいたり、有名な人の分家(親戚のようなもの)である可能性は意外と高いものです。

直系に有名な人がいる場合は、今でもお墓などに家紋が彫られている場合が多いです。

今まで気にかけていなかった場所にヒントがあるかもしれません。

親戚の話や出身地、戸籍などから調べてみるとよいでしょう。