買取サービスおすすめランキング

近年ではさまざまな商品の買取が行われており、リサイクルショップであれば幅広いジャンルに対応していることから家にある不用品をまとめて処分するのも非常に役立ちます。

しかし、商品によってはスタッフの専門的な知識がなければ商品価値を理解してもらえずに正しい査定が出なくて、安く買い取られてしまう危険性も持っています。

とくに、着物になると豊富な種類があり、浴衣となると証紙や証明書などもないことから査定額は店舗によっても差が出ることになります。

浴衣の買取サービスを利用する場合には、ランキングも参考にして優良店舗に出すことが欠かせないものです。

優良
多くの人に利用されている実績があれば、高価買取も期待できることになります。

98%以上が買取成約実績!着物買取「ヤマトク」

実績
今日ではたくさんある買取サービスの中でも、ヤマトクは着物を専門に取り扱っている買取サービスでもあるので、特殊な商品であっても正しい評価を付けてもらえる可能性が高まります。

さらに、状態があまり良くなくて他店では断られてしまうような取れないシミやシワがついているもの、虫食い穴があるもの、おばあちゃんが若い頃に着ていた古いデザインであっても、ヤマトクなら幅広く対応してくれるのでとても役立ちます。

大手の買取サービス業者では、派手な宣伝広告を行うことによって集客力を高めていますが、査定額が安すぎたなどのトラブルで実際には査定だけが行われて買取まで成立しないケースもあるものです。

しかし、ヤマトクでは高い買取成約実績を持っているので、お客さんが納得できる査定額が提示されて契約まで進んだ証拠でもあり、リピーターも多く存在しています。

たんに仕入れて販売するだけでなく、商品の状態に合わせてそのまま販売される以外にもリメイク用生地として利用されたり、リーズナブルな価格で日本伝統の服でもある着物を楽しみたいという海外の人のために輸出されたりと幅広い販売経路を持っています。

はじめにフルセットで揃えられたキットを送ってもらうことができるので、初心者でも簡単に利用ができるのもヤマトクの魅力です。

浴衣を高価買取してもらうコツ

着物は絹素材というのが一般的ですが、浴衣になると綿素材や合成繊維となるためにもともとの値段が安くなり、着物買取でもあまり期待ができないと感じている人もいるでしょう。

しかし、着物の中でも手頃な価格なので毎年のように新しいものを着たいという人にも気軽に挑戦できることになるので、需要が高いことにもなります。

浴衣は、薄手の素材であることから夏の着物ともなるので、夏祭りや花火大会など一年の中でも着ることができる時期は決まってしまいます。

花火

夏が終われば来年はまた新しいものを購入しようと思ってすぐに買取に出したくなってしまうものですが、売る時期によっては高価買取が期待できることになります。

秋に売るよりも浴衣の需要が高まる春の終わりがベストな時期でもあり、それまでは自宅で保管しておくことになります。

この時に、浴衣の商品状態を劣化させないような保管方法をすることは欠かせません。

お金をかけてクリーニングに出すことまでしなくても、自宅で手洗いで洗濯をして汗や汚れを取り除いておき、さらにカビが発生しないようにしっかりと乾かしてアイロンでシワを伸ばしておきます。

また、日焼けをしないようにクローゼットや押し入れなど暗い場所に保管しておくようにすると、綺麗な状態で買い取り額も期待することができます。