帯がきつくて苦しい…

帯

帯がきつくて苦しいと、せっかく浴衣を着ていても楽しく過ごせなくなります。

食べ物を目の前にしても食欲が湧きませんし、気分が悪くなって歩くことすら不自由になりかねません。

そうなる前に帯の下側を持って下げるように引っ張り、上側に少し空間を作るようにしましょう。それだけでも圧迫感が緩和されてずいぶん楽になります。

効果が見られない場合は紐の締め付けがきつい可能性が高いです。いったん解き、みぞおち以外の場所で緩めに結び直してください。

トイレに戸惑う…

女子トイレ
ふだん浴衣を着ていない人はトイレの仕方に戸惑うことが多いです。

浴衣といえば和式のトイレをイメージしがちですが、基本的には座りやすい洋式を選びましょう。

洋式には裾が汚れるリスクが低くなるメリットもあります。個室に入ったらまず浴衣の下端を持って上側にめくってください。

そして端を帯に挟み込むようにしてしっかり留めます。洗濯バサミのように挟める道具を使うと安定するので便利です。

続けて裾よけの下端を持って同じように上側に持ちあげます。こちらも同様に帯に挟み込んで留めてください。

時間がないときは浴衣と裾よけを同時にめくっても良いですが、そうすると外れやすくなるケースがあります。そのため基本的には個別に留めるようにしましょう。

着崩れの対処法

浴衣を着てから時間が経過すると、襟が緩くなって胸元が広がってしまうケースがよくあります。

その場合は脇下の方から手を入れて、下の襟を引っ張ります。そして上の襟を外から整えましょう。

このとき上の襟を下に引いて調整するとさらに良いです。また裾が広がってしまうのも、着崩れの代表的なパターンなので注意しなければなりません。

下前を上に引っ張って腰紐の部分に押し入れて、続けて上前も同じようにします。

最後に腰紐の緩みがないかチェックして、緩んでいたら結び直してください。

背中の着崩れは気付きにくいですが、油断していると帯の下のベルトが見えているときがあります。

トイレなどでチェックしてずれていたら、ベルトを下に引いて見えなくしましょう。
着崩れ